読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢のままいられたら

このまま時止めたい系おたく。

手越祐也が「手越」であるために

 

今年も彼が何かと話題に上る季節がやってきた。

きっと彼は好きだといわれようと嫌いだといわれようと「ウザイ嫌いカモン!」だから

気にしないんだろうなー...なんて思ってないよ、多分誰も。ファンはね。

ついでに言っとくと、好きな人が嫌いって言われて嬉しい人はいないよ、誰も。

嫌いだって言われて傷つかない人はいない。彼が傷つかないようにしようとしてるだ

け。話題性もあるし好き、嫌い両方のランクインは良いことなのかもしれないけど私は

やっぱり素直に喜べない。自担が全く嫌がってなくても、だ。

 

 

彼はイッテQ!をはじめバラエティ番組で強烈な個性を発揮する。

「バチン!」「ポーポーポー!」「テイッ!」「おいDですわー!!」

整った顔から繰り出される不思議な擬音は数知れず、アイドルが本来やんなくていいだ

ろ、ってことまで「俺NGないんで!」と貫き通してやる。嫌な顔一つ見せずに、終始

笑顔のままで笑いをもぎ取っていく。「チャラい」をキャラとしてあそこまで上手に使

う人を私は見たことがない。いるとすればオリラジの藤森さんくらいのものだ。

そしてチャラい=手越、手越=チャラいというイメージを確立させた。バラエティに

「手越」が出ればみんなチャラいことを面白がる。その先にある手越祐也を見ようとは

しないし、あえて彼自身が手越祐也を見せないようにしているからだ。

しかし貫き通すものにはなんだって人知れない覚悟がある。

今さらながらちょっと考えたいし発信したいと思ったから、

去年の一万字インタビューから抜粋しながら自分の考えをぶつけてみようと思う。

(今回はあくまでも脱退だのなんだのじゃなく、「手越祐也」としての話)

 

 

 山下くん、錦戸くんという、いわゆるNEWSのツートップの脱退から4人のNEWSが

チャンカパーナで始動するまでの間、彼は何を考えたのか。

「グループへの批判も、ほかの3人への批判も全部、俺が引き受けようって決めた」

「批判がある方は手越までどうぞ」

「ずっと立ちたかったセンターなんだから、それくらいしないとね?」

この考えに至るまでは相当な覚悟がいる。だって、てごちゃんはずっとセンターに立ち

たかったから。星をめざしてでセンターに立ったとき途轍もなく気持ちよかった、自分

もここに立ちたいと思ったてごちゃん。でも、センターに一度立ったならそのセンター

にいる重圧も理解したはず。一番目立つし抜かれる、前には誰にもいない、お客さんの

反応は一番近いところで体験する、歌割りも多い。でもその分、間違えたときの責任は

重いし、それが自分が望まざるとなったセンターだとしても同じだ。

それを理解したてごちゃんが、それでもなりたかったけどなれなかった、やっと掴んだ

センターになれる思いがけないチャンスだった。普通の人なら躊躇うし悩む、だってそ

の分自分に降りかかってくるしそれを自分で受け止めきれるか分からないから。でもて

ごちゃんはそれを「チャンス」だと考えた。センターをやりたい、と思ってやる人は少

ない。なのに、てごちゃんはそれに自分からなりたいと思った。それは彼の突き進む性

格そのものだし、自分がセンターになれたら、逆に自分がセンターじゃないとグループ

が強くなれないっていう自信とか自負があったからなんだと思う。

躊躇いとかそういう雑念を振り切って自分がなりたいから、なる。やりたいから、や

る。そういう割り切ったような考え方だから引きずったりとか、悩んだりとか、そうい

うのを無駄だと思える性格になったんだろうな。

「弱みを見せるセンターなんてナンセンスでしょ?」

「最初は根拠や自信がなくたっていい」

自分が望んでなったセンターだからこそ、強くあろうとする。そんなてごちゃんの姿

は、私から見てみればとても綺麗なものに映るけどちょっとしたことで壊れてしまいそ

うなものにも映ってしまう。その、ちょっとした弱さが、二言目。根拠や自信がなくて

も、怖くても、勢いで突っ込まないといけない人生を彼は送ってきたから。歴も短くて

デビューして、マイクを持ったのもジュニアの中ではダントツで早くて。やっかまれた

り、嫌な感情をぶつけられたことも多かったのだと思う。もちろん、分からないなかで

組まれたグループに最初は「いるだけ」だったのに、そんな中でどんどん人数も減って

いって不安なことも増えて、でも彼は末っ子のままで。

「僕はカッコ悪いところや弱みを人前で見せたくないんすね、それはもう本能的な感覚

として。だから、人前で泣くのもキライ」

だからこそ、強くなろうとした今の「手越」がいる。チャラくて、ファンサマシーン

で、投げちゅーとかできて、バラエティにたくさん出てNGもない。サッカーっていう

自分の得意分野を切り開いてものにして、好きなもので仕事をとってくる。これは

NEWSのメンバー全員においてのことだけど、好きなことで仕事を取ってNEWSに還元

してる。ワークエも、ONEも、セブカラも、ANTHEMも。てごちゃんがサッカーの仕

事をしなければNEWSとして出されることはなかった曲で、その曲を4人で歌っている

姿はNEWSを好きな人、手越くんを好きな人からしたらとても誇らしい。

でも、あの強い手越くんが本物の手越祐也だとは思わない。六人のときに、いつも山P

に甘えて、今のNEWSになってもけーちゃんにもシゲにもまっすーにも甘える。末っ子

だし一人っ子だからそんな一面も手越くんなんだ。だからこそ、強いところを見すぎる

と少し不安になる。たまには甘えていいんだと思う。てごちゃんがNEWSの最年少であ

ることには変わりないし、どんなに強いセンターであっても「手越祐也」っていう一人

の人間だから。どんなに強くなれたと自分で思ってても、完璧な人間なんてひとりもい

ないんだから。

「どんなにプライベートで辛いことがあっても、ファンや視聴者には関係ないですよね」

「俺は俺を見て笑顔になってほしいからさ」

二言目は本心からの言葉なんだと思う。彼はあのキャラクターを作って歌を上手になっ

て、センターというポジションを自分で選択した以上、アイドルとして生きる覚悟が人

一倍強い人だと思う。だから、てごちゃんをテレビで見て、雑誌で見て、てごちゃんの

声をCDで聞いて、幸せになれる私たちがいるから多分彼は走り続けている。お父さん

を亡くしてしまったすぐのイッテQ!のロケでも全く暗いところを見せずに、何回もリ

ピートしてみている私たちにもなにも悟らせずにやりきって、でも知った今になるとそ

れがちょっと痛々しい、でもあれでしんみりしていたらロケは成り立たないしそれは彼

なりの美学なんだろうし彼が選んだことなら彼についていく、と決めた私たちは多分異

論を唱えることもない。それについて「かわいそう」とか、そういう同情を多分彼は望

んでいない。強くある彼を私はかっこいいと思った。かっこよさを貫き続ける、自分が

おもうかっこよさを貫き続ける彼をかっこいいと思っていたから、ついていくと決め

た。ついていかなくなるときは彼の考え方に私がどうしようもなくなるほど違和感を感

じてしまうときだと思う。でも、今のところ強くあろうとする彼はかっこいい、だから

それでいいのかもしれない。かっこよくいようとする彼がかっこいいことを疎ましく思

う人もいる、でもそんなこと気にしなくていいんだ、って思えるようになってきた。そ

れは彼がかっこよくいようとすることで生まれたことだから、それも彼の一部で私の好

きなものになっていくんだ、ろうな。

でもやっぱり傷つくひとが多いから一律で好きとかキライとかって、すごく子どもっぽ

いし卑屈な考え方が見え隠れするからやめたほうがいいと思うのは私だけかな...?

 

「きっとどこまで行ってもゴールなんてないのかもしれない、でも、俺たち4人は、ど

こまでだって走り続けられる。ファンの声援が聞こえ続けるかぎり」

ゴールなんてきっとどこにもない。

私が応援しているかぎり彼らが辿り着くゴールはない、ただ道なき道を進み続けている

だけだ。でも、それが楽しいし道を進む彼らを応援することがなによりも私の誇りだか

ら、彼の考え方は私の好きなものにもうなっているから、かっこいい彼と彼らが大好

き。このまま、進み続けてね。