読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢のままいられたら

このまま時止めたい系おたく。

手越担、NEWS担のススメ

 

お題「○○担になったらこんないいことがありました!」

 

お題をお借りしまして、重めの愛でも綴ってみようかと。

最初に、私はNEWS・手越祐也くん担当。熱烈におすすめします。

担当歴は二年(シャボン玉の貴公子落ち)、参戦歴はまだなし。

ではいきます。

 

 

①毎日が楽しくなった

 

本当にこれって重要。

これNEWSや手越くんに限ってじゃないかもしれないけれど、

この世界のどこかで手越くんが今も生きているんだなんて思うだけで幸せになれる。

 

手越くんの好きなところをあげたら数え切れない。

くっしゃくしゃになる笑顔、きれいな二重幅、ぱっちりきらきらした目。

笑うとあはー!ってなって、微笑むときは口角がゆるーくあがるお口。

細そうなのに意外とがっちりした筋肉質な太ももからふくらはぎにかけてのライン。

(自分で太もも自慢してるのもすごくかわいい)

ちっちゃい乳首(変態か)、むっちりした意外と白い二の腕(食べたい揉みたい)、

とりあえずすべてが大好き。

 

まだ会ったことはないし見たこともないけれど、好きだと確信できる。

だってそれが手越くんだから。

だから、媒体を通して手越くんを見ているだけで悶えるような幸せが私に訪れる。

大好きで大好きでたまらなくて、その好きでいることが私のエネルギーになる。

 

NEWSはライブの煽り然り、曲の歌詞然り、歌声然り。

ほんとうにいろいろなものをファンにもたらしてくれるグループだと思う。

よく「あるある」として語られることだけど、

慶ちゃんがいなければ報道番組こんなに見なかった。

手越くんがいなければこんなにサッカーやスポーツ見なかった。

シゲがいなければ小説なんて読もうと思わなかった。(小説はもともと好きだったよ)

まっすーがいなければファッション誌なんて読もうとしなかった。

あらゆる意味でわたしたちになかった視点から、なかったものをくれる。

まっすーなんて典型的な例だけど、

まっすーがファッションには厳しいから、

少しでもまっすーに近づけるようにファッションを磨こう、とか。

そんなふうに知らず知らずのうちに私たちの意識を高めてくれる。

 

だから好きでいることが私たちのバイタリティになるし、

逆にそのこと自体が楽しみにもなるし、とにかく!毎日が楽しくなる(語彙力)

 

 

②「意識」を教えてくれる

 

自分に厳しく、他人にも厳しい手越くん。

有名な話だが、ジュニアのころに事務所とは別にボイストレーナーさんをつけて、

個人的にカラオケボックスで練習していたということ。

あれは、おそらく彼の歌、そしてプロ意識の原点になっていると思う。

 

彼のプロ意識の高さは、ほんとうにほんとうに私たちには真似できないものだと思う。

Whiteコンの、WORLD QUESTの叫びで、わたしは本当に心を射抜かれた。

「壁こじ開けて ミラクル起こせ」

ただでさえ十分高いキーなのに、それをひとつ、ふたつ、あげて。会場を沸かせて。

DVDでしか見ていない私にもそれは十分伝わった。

 

「あの子、もともと歌えるんでしょ」

素質を自分で伸ばして磨いて磨いて、あるのが今の手越くんだ。

 

それを知らない人に、もともと彼は歌が上手いんだと思わせるのが彼のプロ意識だ。

 

そのプロ意識って、わたしたち一般人の日常にも十分通じるものだと思う。

私は学生をやっていて、学校の特性からか調べ学習、レポートがとても多い。

規定の枚数でちゃちゃっと仕上げるのも手かもしれないけど、

自分が興味のあるものだったらとことん調べ抜こう、と、

NEWSのプロ意識を知ってから思えるようになった。

あらゆることに手を抜かない、気を抜かない。

人間として大事なことを教えてくれるNEWSだからこそ、すきなのだ。

 

 

③ものごとに対しての考え方が変わる

 

これはNEWSっていうよりかは手越くんのファンになってよかったこと、かな。

 

彼は強烈な個性をバラエティ番組で発揮する。

あのキャラクターは、(多少強がっているところはあるにせよ)、

100パーセント作っているものではない。

彼が望んでああなったとはいえ、昔はあんなぎらぎらしてなかったとはいえ、

今の手越くんが私が現在進行形で好きな手越くんなのだ。

 

手越くんが自己啓発本読んでる、ハウツー本読んでるなんてのはもはや笑い話だが、

これは私は本当に彼が自分を磨こうとして読んでいるのだと思っている。

 

おそらく彼は自分に、自分の歌声に絶対的な自信があるし、

それは「こちら側」から見ていてとてもかっこいいと思えるものだ。

その姿勢を作った過程が自己啓発本だろうが無理してようが、

それはおそらく彼が望んだものなのだからそれでいいのだ。

そしてそんな自信に満ち溢れた手越くんだからこそ、私は好きでいられるし、

好きでいたいと思ってしまうのだ。

 

自信がない、うまくいかない、私なんて。

ネガティブな言葉をひとつのポジティブな考え方が吹き飛ばす。

彼のことを知ってから、私はポジティブに考えることを意識し始めた。

 

彼に近づきたいとか、好きだから同じ考え方をするとかそういうわけではない。

ただ、彼の考え方が私にはとても素晴らしいものに見えて、

自分がそうあれたら良くなるだろうな、と思ったからそうしたのだ。

 

そういう考え方に触れることができたのも、NEWS担になって良かったことのひとつ。

 

 

イッテQ!を見るようになった

 

これ何気に一番良かったことかもしれない。

私がしっかりイッテQを見たのは私が手越くんに落ちたシャボン玉の貴公子回...

(2014/12/21)が最初なのである。

ファーストイッテQがあれで、手越くんに落ちる。

...我ながらすごいなぁと思う。

だってあれ、伝説のモミモミ回なんだもの。

 

でもなぜかそれまで見る気も起きなくてあんま好きじゃなくて、

食わず嫌いならぬ見ず嫌いだったイッテQ。

今では毎週欠かさずリアタイ&録画、完全にテレビにかじりついてみております。

 

イッテQがない日曜日の夜なんてもう考えられないし、

イッテQファミリーに囲まれて楽しそうな手越くんを見るのが一週間最後の幸せ。

イッテQってほんとに手を抜かないしあんなふざけてるけどまじめな番組で、

全部の企画が大好き。

そんなイッテQっていう愛すべき番組に出会えたことも、

手越くんを好きになってよかったことの一つ。かな。

 

 

さてさて以外と長くなってしまったこの「手越くん担になってよかったこと」。

まあ手越くんを好きになってよかったことなんてここ二年死ぬほどあるけど!?

はてななんかじゃ書ききれないし数え切れないよ!!

いつも歌声聴くだけで幸せ貰ってますありがとう手越くん、にゅーす!!

 

てなわけで、しろの、手越担・NEWS担のススメでした。